気付かれずに不動産売却をおこなう方法を解説

2022-03-29

気付かれずに不動産売却をおこなう方法を解説

さまざまな理由で周囲の方に気付かれずに、不動産売却をおこないたいこともあるかと思います。
しかし、一般的に不動産を売却するには物件情報をインターネット掲載やチラシ広告などで販促活動をおこなうため、近隣などの周囲の方々に売却することが気付かれてしまうかもしれません。
周囲に気付かれずに売却をおこないたい場合、実は適した媒介契約を選ぶことで気付かれずに不動産売却がおこなえるのです。
そこで、本記事では媒介契約の種類について解説します。
不動産売却を気付かれずにおこないたい方はぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却をおこなうための媒介契約

まず媒介契約とは、不動産を売る際に不動産会社に間に入って仲介してもらい、買主を探してもらうために不動産会社と売主が結ぶ契約のことです。
媒介契約の種類と特徴を確認し、気付かれずに不動産売却をするにはどれが適しているのか確認してみましょう。

専任媒介契約・専属専任媒介契約

専任媒介契約は売主に2週間に1回の活動状況の報告、専属専任媒介契約は1週間に1回の報告が義務付けられている媒介契約です。
これらの媒介契約はレインズと呼ばれるシステムに登録することが義務付けられています。
レインズは不動産会社が不動産情報を交換するシステムであるため、不動産会社が買い手に不動産情報を提示する可能性があります。
ですので、これらの媒介契約は「気付かれずに」といった点では適していません。

一般媒介契約

一般媒介契約は、売主への活動状況の報告の義務がない媒介契約です。
しかし、一般媒介契約ではレインズの登録義務がなく、周囲の方に情報を公開しないまま売却をすることが可能です。
気付かれずに不動産売却をおこないたい方は、一般媒介契約を選ぶ必要があります。
他の媒介契約を選んでしまうと周囲の方に気付かれる可能性がありますのでご注意ください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却をおこなう売却活動の流れ

一般媒介契約を選ぶ場合、以下のような流れで売却活動をおこなっていきます。

  • 売却相談
  • 査定
  • 一般媒介契約の締結
  • 売買契約の締結
  • 決済・引き渡し

まずは、不動産会社へ周囲に気付かれずに売却したい旨を伝えることが必要です。
その後、不動産の査定や媒介契約の締結といった流れでおこなっていきます。
売却優先よりも、周囲に気付かれずに売却することを優先にした一般媒介締結後は、インターネット掲載したりなどの公な販促活動をおこなっていきません。
ここが他の媒介契約とは異なった点になります。
そして、買い手が見つかると売買契約、決済・引き渡しと一般的な売却と同様におこなっていきます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

気付かれずに不動産売却をおこなうには一般媒介契約を選ぶことが必要です。
まずは、不動産会社へ気付かれずに売却したい旨を伝え、一緒に売却活動を進めていきましょう。
岡山市内で不動産売却をご検討中の方は弊社ホームページより、無料査定依頼をご利用ください。
24時間、不動産査定依頼を受け付けております。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-270-8200

営業時間
09:00-18:00
定休日
土日祝(事前予約ご対応致します。)

売却査定

お問い合わせ