結露しやすい不動産の特徴とは?おすすめの売却方法を解説!

2023-12-19

結露しやすい不動産の特徴とは?おすすめの売却方法を解説!

不動産はその構造や立地などによって、対策しにくいマイナスの特徴を備えている場合があります。
ただし、何らかの問題を抱えている不動産であっても、そのデメリットをしっかり把握したうえで適切な売却方法を選択すれば、スムーズな売却が可能です。
今回は結露が発生しやすい不動産について、その原因とデメリット、おすすめの売却方法を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産が結露しやすい原因

結露の発生に大きく関連する要素は、室内と室外の気温差、空気中の水蒸気の量の2点です。
空気が保有できる水蒸気の量には限界があり、その上限は温度が高いほど大きく、低いほど小さくなります。
そのため、暖かい室内で多くの水蒸気を保有した空気が、室外の寒さの影響を受けて温度が低くなっている窓に接触すると、結露が発生するのです。
結露の発生しやすさは構造の影響が大きく、高気密・高断熱構造の住宅はその機密性の高さから空気の循環が少ないので、結露が多く発生します。
また、アルミサッシは断熱性能が低く、とくに結露が発生しやすい構造のひとつです。
洗濯物を頻繁に室内干しする場合や、建物が老朽化している場合も、結露が発生しやすくなります。
結露はさまざまなトラブルの原因となるので、見つけた場合は放置せずに対策を考えることが重要です。

▼この記事も読まれています
不動産売却は価格査定から!机上査定と訪問査定の違いとは?

\お気軽にご相談ください!/

結露しやすい不動産のデメリット

湿気が多く結露しやすい不動産のデメリットとしてまず挙げられるのは、カビやダニが発生しやすいことです。
カビやダニは、喘息やアレルギーといった健康面での悪影響を引き起こすこともあるので、早めに対処しましょう。
また、窓際などの目に見える範囲で結露が発生している不動産は、壁の内部など目に見えない部分で発生する内部結露についても注意しなければいけません。
内部結露は、柱や梁といった主要な構造を傷めるだけでなく、シロアリ被害も引き起こす場合があります。
内部結露により建物の耐久性が低下すると、不動産としての資産価値も下がってしまいます。

▼この記事も読まれています
不動産売却でかかる仲介手数料はどれくらい?計算方法もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

結露しやすい不動産の売却方法

結露しやすい不動産は、断熱コーティング剤や結露防止シートを用いて修繕すれば、通常の相場に近い価格で売却可能です。
また、アルミサッシを樹脂製のサッシに交換する、窓を二重にするといった方法も結露防止に効果を発揮します。
ただし、修繕には100万円を超える費用がかかる場合があり、売却によってその費用が回収できるとは限りません。
建物の築年数が経過している場合や、修繕に高額な費用がかかる場合は、建物を解体して更地の状態で売却するのもおすすめです。
なお、内部結露による建材の劣化やシロアリ被害に気づかないまま不動産を売却すると、契約不適合責任を問われて損害賠償や契約解除を求められる場合があります。
結露しやすい不動産を売却する際は自分だけで判断せず、ホームインスペクションを依頼するなどして、専門家の意見を取り入れると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる費用を詳しく知りたい!一覧でチェックして安くする方法も確認

まとめ

結露しやすい不動産はカビやダニの発生、内部結露による構造の劣化など、さまざまなデメリットを持ちます。
建物の状態などによって、適切な売却方法は変わってくるので、不動産会社と相談して売却の方針を決めましょう。
岡山市の不動産売却はTMディベロップメント 株式会社がサポートいたします。
24時間、不動産査定依頼を受け付けております。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-270-8200

営業時間
09:00-18:00
定休日
土日祝(事前予約ご対応致します。)

売却査定

お問い合わせ