不動産売却で二世帯住宅は売れにくい?その理由をご紹介

2024-01-09

不動産売却で二世帯住宅は売れにくい?その理由をご紹介

ライフスタイルの移り変わりなどで、これまで住んでいた二世帯住宅を売りたいと考えている方もいるでしょう。
しかし、二世帯住宅は比較的売れにくい物件に分類されるため、買主がどこに魅力を感じるか知っておくと売却で役に立ちます。
そこで今回は、二世帯住宅の種類や不動産売却で二世帯住宅が売れにくい理由、売却のコツについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

二世帯住宅の種類とは

二世帯住宅は親世帯と子世帯が同居する住宅の総称で、建物の設備の共有の程度によって3つのタイプに分類されます。
完全分離型の住宅は、建物を2棟に分け、設備を世帯ごとに使い分ける形態です。
プライバシーは保たれますが、世帯間のコミュニケーションが減り、協力して生活しにくくなります。
一部共用型の住宅では、建物の一部を親世帯と子世帯のスペースに分け、一部の設備を共有しつつ、トイレなどを分ける形態です。
お互いに声をかけやすくなりますが、建物がつながる場合が多く、プライベートな空間は減ります。
完全同居型の住宅では、建物と設備を完全に共同で使用します。
子育てや介護などで協力しやすくなりますが、プライバシーはほぼなくなります。

▼この記事も読まれています
不動産売却は価格査定から!机上査定と訪問査定の違いとは?

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で二世帯住宅が売れにくい理由

二世帯住宅が売れにくい主な理由は、市場における需要の低下です。
過去には高齢の両親と同居するケースが多く、それに伴って二世帯住宅には一定の需要が存在しました。
しかし、現在では子世帯の核家族化が進んでおり、同居を希望する人が減少しているため、二世帯住宅の不動産売却が難しい傾向があります。
さらに、二世帯住宅は建物が大きく、設備が多いため、売り出し価格が高額になりやすいです。
需要に対して物件が高額すぎると、不動産市場でも売れにくくなります。
また、二世帯住宅が売りに出されていると、人が亡くなったという理由でないかと疑念を抱く人もいるため、心理的瑕疵などの理由も売れにくくなります。

▼この記事も読まれています
不動産売却でかかる仲介手数料はどれくらい?計算方法もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

二世帯住宅の不動産売却を成功させるコツ

完全同居型や一部共用型の二世帯住宅を売却する際は、内部をリフォームして通常の一戸建てとして売却するのが有効です。
二世帯住宅としての需要がなくても、部屋数が多い元二世帯住宅はファミリー向けに販売できる可能性があります。
また、完全分離型の二世帯住宅はマンションなどの収益物件としても売り出すことがおすすめです。
生活に必要な設備が概ね揃っており、最低限の投資で賃貸経営が可能なため、投資家に人気があります。
ただし、リフォームをしても売れるとは限らず、費用を回収できる可能性が低いため、確実性を求める場合は不動産会社に買取を依頼すると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる費用を詳しく知りたい!一覧でチェックして安くする方法も確認

まとめ

二世帯住宅は、不動産としての需要が低いうえ価格が高いため売れにくいです。
そのため、収益物件としての売却や、不動産会社への買取依頼など売るためのコツが求められます。
売りたい物件の性質を把握して、不動産売却を成功させましょう。
岡山市の不動産売却はTMディベロップメント 株式会社がサポートいたします。
24時間、不動産査定依頼を受け付けております。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-270-8200

営業時間
09:00-18:00
定休日
土日祝(事前予約ご対応致します。)

売却査定

お問い合わせ