不動産売却で健康保険料が上がるケースとは?いくら上がるのか解説!

2024-01-16

不動産売却で健康保険料が上がるケースとは?いくら上がるのか解説!

不動産売却を検討しているものの「売ると健康保険料が上がる」との噂があることから、なかなか一歩を踏み出せない方もいるのではないでしょうか。
健康保険料が上がる仕組みを理解しておかないと、知らずに多額の保険料が引かれている可能性があるため注意が必要です。
そこで今回は、不動産売却で健康保険料が上がるケースについて、いくら上がるのかや抑える方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で健康保険料が上がるケースとは?

健康保険には大きく4つの種類があります。
サラリーマンなどが加入するのは社会保険であり、公務員が選ぶのは共済保険、自営業者は国民健康保険に、そして75歳以上の方が加入するのは後期高齢者医療保険です。
不動産を売却した後に健康保険料が上昇する可能性があるのは、国民健康保険の被保険者および後期高齢者医療制度の参加者です。
これら2つの保険では、「基準総所得金額」と呼ばれる世帯ごとの総収入を基準にして計算される仕組みのため、不動産の売却益も課税対象となります。
ただし、保険料が上昇するのは「譲渡所得が発生した場合」に限られるため、不動産売却を検討している方は、事前にいくら上昇する可能性があるのかを調査しておくことが望ましいです。

▼この記事も読まれています
不動産売却は価格査定から!机上査定と訪問査定の違いとは?

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で健康保険料はいくら上がるの?

国民健康保険料は、各自治体によって計算方法が異なります。
基本的には、医療分・後期高齢者支援金分・介護保険分の3つを足し合わせて計算します。
不動産売却で譲渡所得が発生した場合に影響を及ぼすのは「医療分」であり、所得割・均等割・資産割・平等割の4つを組み合わせて計算されます。
所得割の計算方法は「前年の総所得金額−基礎控除×税率」です。
均等割は税額に世帯内の国保加入者数をかけ、資産割は「加入者の固定資産税額×税率」で算出されます。
平等割は1世帯ごとにかかる税額であるため、事前に自治体に確認してみましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却でかかる仲介手数料はどれくらい?計算方法もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で健康保険料が上がるのを抑える方法

マイホームを売却する際には、3,000万円分の特別控除が受けられます。
譲渡所得から3,000万円を引いた金額が0円以下となれば、保険料が上がる心配はありません。
また、相続した土地を売却した際には、相続税を取得費に加算できます。
それぞれ特例を利用するには条件がありますので、適用可能か確認しておくことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる費用を詳しく知りたい!一覧でチェックして安くする方法も確認

まとめ

不動産売却で健康保険料が上がるのは、国民健康保険・後期高齢者医療制度に加入している方です。
保険料は、医療分・後期高齢者支援金分・介護保険分を足し合わせて計算されます。
保険料が上がるのを抑えるには、マイホームや相続の特例を利用するのがおすすめです。
岡山市の不動産売却はTMディベロップメント 株式会社がサポートいたします。
24時間、不動産査定依頼を受け付けております。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-270-8200

営業時間
09:00-18:00
定休日
土日祝(事前予約ご対応致します。)

売却査定

お問い合わせ