年金受給者の不動産売却では年金減額が起こる?税金や注意点を解説!

2024-01-23

年金受給者の不動産売却では年金減額が起こる?税金や注意点を解説!

年金受給者で不動産売却を検討している方のなかには、支給額が減ってしまうのではないかと不安を抱いている方もいるでしょう。
自宅を売却して老人ホームに入居したり子どもと同居したりする方にとって、年金減額は大きな問題点です。
そこで今回は、年金受給者が不動産を売却すると支給額が減額されるのか、税金や注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

年金受給者の不動産売却では年金減額される?

結論として、年金受給者が不動産を売却しても年金が減額される心配はありません。
なぜなら、年金減額の対象は「労働報酬」であり、不動産売却による利益は労働報酬に含まれないためです。
そのため、年金受給額が減少することはありません。
ただし、障害基礎年金に関しては売却額によって減額される可能性があります。
障害基礎年金とは、生まれつきや20歳を前に傷病を負った方が受け取れる年金です。
しかし、いずれにしても老後に受給する老後年金には影響はありません。

▼この記事も読まれています
不動産売却は価格査定から!机上査定と訪問査定の違いとは?

\お気軽にご相談ください!/

年金受給者が不動産売却するときに発生する税金

年金受給者であっても、売却で得た利益には譲渡所得税と住民税が課されます。
譲渡所得は「売却額-取得費-譲渡費用」で計算されますが、この結果がマイナスであれば税金は発生しません。
取得費は不動産の購入にかかる費用であり、物件価格や仲介手数料などが該当します。
一方で、譲渡費用は売却に伴う経費を指し、具体的には不動産会社への仲介手数料や印紙税・登記費用などが含まれます。
売却で利益が出た場合や特例を利用する場合は、確定申告が必要となります。
そのため、売却をおこなった翌年には必要な書類を税務署に提出するよう心掛けましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却でかかる仲介手数料はどれくらい?計算方法もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

年金受給者を不動産売却するときの注意点

年金受給者でも不動産売却すると、所得税や住民税などの税金が課されます。
節税を希望する場合、とくに「3,000万円の特別控除」などの制度を活用することがおすすめです。
また、後期高齢者は国民健康保険料が上昇する可能性があるため、注意が必要です。
この背景には、後期高齢者の国民健康保険料が前年の収入を基に計算されることが挙げられます。
年金減額の可能性もあるため、事前に具体的な減額額を確認することが重要です。
そのほか、売却後の生活設計にも注意が必要です。
資金の運用方法や年金収入以外の生活費の補填方法など、慎重な計画が必要です。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる費用を詳しく知りたい!一覧でチェックして安くする方法も確認

まとめ

年金受給者が不動産売却しても、年金減額されることはありません。
ただ、障害基礎年金は減額される可能性があり、譲渡所得税や住民税も課せられます。
税金や国民健康保険料への影響を把握し、老後の生活設計を練っておくと安心です。
岡山市の不動産売却はTMディベロップメント 株式会社がサポートいたします。
24時間、不動産査定依頼を受け付けております。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-270-8200

営業時間
09:00-18:00
定休日
土日祝(事前予約ご対応致します。)

売却査定

お問い合わせ