近隣トラブルがある不動産売却は告知義務が必要?スムーズな売却方法を解説

2024-02-06

近隣トラブルがある不動産売却は告知義務が必要?スムーズな売却方法を解説

近隣トラブルがある不動産を売却する場合、どのような注意点があるのでしょうか。
告知義務やトラブル未解決のリスクなど、不動産売却に関するさまざまな問題について、不安を感じている方も多いと思います。
そこで今回は、告知義務が必要かどうか、トラブル未解決で売却するリスク、不動産をスムーズに売却する方法について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

近隣トラブルのある不動産売却時に告知義務は必要?

不動産を売却する際には、近隣トラブルなどの環境的瑕疵について、買い手に正しく伝えることが重要です。
これを告知義務といい、売却後のトラブルを避けるために必要不可欠です。
もし、告知義務を怠ると、購入者から損害賠償や契約解除を求められる可能性もあるでしょう。
しかし、環境瑕疵の捉え方は人それぞれで、判断が難しいと思っている方も少なくないと思います。
環境瑕疵と見なされる可能性が高い近隣トラブルは以下の通りです。
規約違反している隣人がいる、常に文句を言ってくる隣人がいる、周辺に反社会的勢力の事務所があることです。

▼この記事も読まれています
不動産売却は価格査定から!机上査定と訪問査定の違いとは?

\お気軽にご相談ください!/

近隣トラブルが未解決で売却するリスク

近隣トラブルが未解決のまま不動産を売却すると、どのようなリスクがあるのでしょうか。
売却価格や減額幅に影響する可能性があります。
近隣トラブルがあると、物件の魅力が低下し、買い手がつきにくくなります。
その結果、売却価格を下げざるを得なくなることがあるでしょう。
また、近隣トラブルが未解決の場合、買い手との契約に支障が出ることもあります。
契約期間内にトラブルが解決しなければ、買い手は減額を要求してくるでしょう。
このように、近隣トラブルは不動産売却において大きなリスクとなるので注意が必要です。

▼この記事も読まれています
不動産売却でかかる仲介手数料はどれくらい?計算方法もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

近隣トラブルのある不動産をスムーズに売却する方法

近隣トラブルのある不動産を売却する方法として、買取を依頼することがおすすめです。
買取は、訳アリ物件であっても買い取ってもらえることが多いため、スムーズな売却が叶うでしょう。
また、不動産会社へ直接買い取ってもらうため、買い手を探す必要がなく、手間と時間をかけずに売却できます。
そのため、なるべく早く現金化したい方や一刻も早く不動産を手放したい方にはぴったりでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる費用を詳しく知りたい!一覧でチェックして安くする方法も確認

まとめ

近隣トラブルのある不動産を売却する際は、告知義務を守ることが大切です。
告知義務を怠ると、売却後に買い手から損害賠償や契約解除を求められるリスクがあります。
そして、なるべく早く現金化したい方や一刻も早く不動産を手放したい方は、買取を依頼するのがおすすめです。
岡山市の不動産売却はTMディベロップメント 株式会社がサポートいたします。
24時間、不動産査定依頼を受け付けております。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

086-270-8200

営業時間
09:00-18:00
定休日
土日祝(事前予約ご対応致します。)

売却査定

お問い合わせ